読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Japan food culture代表のブログ

「本当においしい日本食を世界中の人びとへ」 シンガポールを拠点に日本飲食FCのASEAN進出を支援しています

フィリピン見聞録

先日、6/19から6/24まで今年5回目の海外出張に行ってまいりました。

目的はいくつかあったのですが、その中の一つが

”初のフィリピン視察”

 

これまで、シンガポールを中心にマレーシア、インドネシア、タイ、ベトナムは見ていましたが、フィリピンは未踏の地でした。

フィリピン=治安が悪いというイメージがあり、正直あまり興味を持てていませんでした、が!、今回の視察でその認識が大きく覆されることとなりました! 

 

写真:フィリピンで2番目に大きなSM mall of ASIA

f:id:greenakihikoko:20140630150533j:plain

 

では早速現地レポートを!

 

お!大きなドキンちゃんだ!と思ったら違いました(笑

まずはフィリピンの誇るフライドチキンメインのファストフード

Jollibee!

f:id:greenakihikoko:20140630145908j:plain

フィリピン飲食チェーンでのシェア3割を誇る(JETRO資料より)地元の大人気チェーンだけあって、どのモールでも近隣のKFCなどと比べても賑わっていました!

 

マクドナルドもさすがの賑わい!

全般にファストフードはやはり強かった印象です。

価格はビッグマックセットで約400円。

f:id:greenakihikoko:20140630145923j:plain

 

まだまだ数少ない日本からの進出企業の一つ

ペッパーランチ(すでにフィリピンに22店舗展開!)も大人気でした。

ビーフペッパーランチが約460円なので日本(650円)に比べると

結構抑えた価格設定になっています。

f:id:greenakihikoko:20140630151714j:plainf:id:greenakihikoko:20140630145918j:plain

途中でスーパーにも寄りました。

魚がきれいにディスプレイされています。

f:id:greenakihikoko:20140630145928j:plain

 

こちらは福岡豚骨の「山小屋」系列の一康流ラーメン

f:id:greenakihikoko:20140630145932j:plain

ちょうど一年ほど前に展開を開始して早くも5店舗( ・`ω・´)ワオ

なんとシャングリラホテルが世界で唯一展開しているという

ショッピングモールにも入っています。

シャングリラで山小屋( ・`ω・´)

彼の国でのラーメンの高い地位を実感します。

価格はプレーンな「オリジナル豚骨」で400ペソ(約920円)

 

からの

ラーメン凪

f:id:greenakihikoko:20140630203047j:plain

こちらは昨年末の進出ですでに2店舗

一康流もかなりの人気でしたが、こちらも負けずに大人気

一康流ラーメン同様、一杯400ペソ(約920円)前後での提供です。

 

これは工事中の一風堂のフィリピン進出一号店。

f:id:greenakihikoko:20140630145948j:plain

場所はフィリピン最大のショッピングモール SM mega mall 

このほかに山頭火も約1年前に進出済で、

日頃からシンガポールのラーメン人気には接していますが、

フィリピンにも来始めたか!という感じがします。

ラーメン業界の皆さま、早めの視察をお勧めいたします!

 

それからマニラで感じたのが、、、

とんかつ人気!

f:id:greenakihikoko:20140630145949j:plain

こちらはシャングリラモールの「キムカツ

超おしゃれな内装です。

こちらはボニファシオ グローバルシティで工事中の店舗予定地

f:id:greenakihikoko:20140630145941j:plain

 

それから日本の「とんかつ武信」さんが開業にあたって

指導をされたという現地チェーン「YABU

土曜のディナータイムという繁盛時ではありますが、

それにしてもの大々繁盛ぶりでした!

f:id:greenakihikoko:20140630145951j:plain

このほかにも、さぼてん梅林が既に進出しています。

 

そして、これは最近オープンした韓国の誇るフライドチキンチェーン

KyoChon

f:id:greenakihikoko:20140630145954j:plain

こちらも超繁盛!

 

そして!

現地で営業30年、50店舗の「Tokyo Tokyo」!

f:id:greenakihikoko:20140630145959j:plainf:id:greenakihikoko:20140630154930j:plain

メニューのほとんどが200ペソ(約460円)以下、

丼物は99ペソ(約230円)という価格設定。

f:id:greenakihikoko:20140630154707j:plain

天ぷらうどんと親子丼を頂きましたが、

 

30年という長い期間でとてもローカライズされている

と言いますか、

価格面での訴求が強いのかしら

と言いますか、

親子丼の鶏肉は揚がってました

という感じでした。

 

ということでフィリピンまとめです

・人口9,700万人、直近は7%前後の高い成長が続いていることもあり、

世界2番目、3番目という規模の巨大モールを埋め尽くす分厚い中流層の存在が魅力

 

・ただ、ショッピングモールなど大規模施設の入り口には、

空港を思わせるセキュリティチェックが必ずあるなど、

治安的にはまだ不安に思わされる点があるのも事実

(滞在中、怖い思いは一度もしませんでしたが)

f:id:greenakihikoko:20140630155956j:plain

大規模モール、ビルの入り口には必ずこの様なチェックがあります。

 

・モールでの食事は200ペソ(約460円)がだいたい下限で、客単価600円-800円くらいの店が多い

 

・モール内は比較的規模の大きな店が多く、100-200席イメージ

 

・(上記でとんかつ人気を言っておいてあれですが)食材としてはチキンが人気

 

・味覚については、ASEAN全域について言えることですが、“甘辛い”好き

日本で言えば、テリヤキ系の味。そしてASEAN各国の中でも特筆して“濃い口”です。

日本食、現地食問わず食べ歩いているなかで、

「これ濃!」(; ・`д・´)

と何度も思いました。

 

 ・進出については資本規制があるため基本はフランチャイズ方式になると思います

参考:JETRO資料(P.12)

 

・人件費もまだまだ安い(一般店員で月給10,000円ほど)

 

・フィリピン人はとても愛想が良く勤勉

これはたった2日間ですが、モールを見て回る中でフィリピン人の感じの良さをとても実感しました。

国民の1割近くが世界に出て行って(OFW:Overseas Filipino Worker)ホテル、飲食、メイドなどホスピタリティの求められる職種に就いているだけありますね。

あと、もちろん英語は皆流暢に話します。

”勤勉”とは現地飲食業の方に伺った話です。

 

ということでフィリピンの中でもかなり裕福なマカティ地区を中心に8つのモールを見て回った2日間でした。

 

ということで、

我々JFCでは「海外でやってやるぜ!」という志ある方を募集しています!

一緒に各国見て回ってFC展開を手掛けませんか!?


求める人物像:
・理想を持ち、プロとして問題解決して行きたい!
・「世界に誇る日本食を輸出産業へ!」という理念に共感する!
・ASEAN各国に居住して現地で仕事をしたい
・英語には自信ないけどコミュニケーション力には自信ある!

という方、ご連絡お待ちしています!形式は問いません!
https://www.facebook.com/akihiko.koga
または
koga@japanfoodculture.com
まで想いをぶつけてください!

またはこちらの求人記事からご連絡頂ければと思います!

ご応募お待ちしてます!(^o^)/

 

飲食業のみなさまへ
「ASEANに進出したい!」、「実際、進出ってどんな感じなの?」、
「まずは現地に行ってみようかな」
などどんなレベルでも構いません!もしASEANへの進出に関心がおありでしたら、
どうぞお気軽にお問合せください!
私のわかるすべてを!(笑)お話させて頂きます!

https://www.facebook.com/akihiko.koga

 または

koga@japanfoodculture.com
までどうぞお気軽に!